「プロロジス古河プロジェクト」フェーズ2

「プロロジス古河プロジェクト」フェーズ2について

BTS型物流施設の集積パークとして開発実績のある茨城県古河市に、新たに複数棟の物流施設を擁するインダストリアルパークが誕生します。開発地の北東隣では、医薬品卸のスズケングループのBTS型施設「プロロジスパーク古河1」、日立物流ファインネクスト株式会社のBTS型施設「プロロジスパーク古河2」、センコー株式会社のBTS型施設「プロロジスパーク古河3」が稼働中です。

 

広域アクセス

広域アクセス

国道・高速道路を利用し東西南北マルチアクセスが可能な立地。現在も高規格道路や新設路線の事業が進んでおり、主要な消費地と港へのアクセスが一段とスムーズになります。

「プロロジス古河プロジェクト」フェーズ2 所在地

所在地

開発地は圏央道「五霞IC」から約6km(約10分)の北利根工業団地内にあり、茨城県と都心部をつなぐ新4号国道から至近。物流ハブとして名高い加須エリアからも約10kmとアクセスが良く、広域配送拠点として活用されているエリアです。

ビルド・トゥ・スーツ(BTS)型の物流施設開発

先進的物流施設を複数棟開発

先進的物流施設を複数棟開発

本プロジェクトでは、約175,500㎡の敷地にカスタマーのご要望にあわせた複数の物流施設を開発する計画です。工業専用地域の特性を活かしたさまざまな業種・用途の物流需要に応えるインダストリアルパークとして開発します。

卓越したエンジニアリング力

卓越したエンジニアリング力

医薬品や食品保管のための定温・冷蔵倉庫に対応したドックシェルターの装備や、飲料等の重量物保管に応える床荷重、保管効率を高める有効天井高の設定、ランプウェイ付きの多層階施設、免震構造などの多様な要望にも、物流施設を専門とするプロロジスの経験豊富な設計者が対応します。

 

共用設備も充実したインダストリアルパーク

共用設備も充実したインダストリアルパーク

また広大な敷地規模を活かし、パーク内で働く人のための休憩スペースやコンビニエンスストアを備えた共用棟、給油所等の併設も検討しています。すでに稼働中の「プロロジスパーク古河1・2・3」の入居企業にとっても、共用施設の利用、人員や保管スペースの相互融通などのメリットが期待できます。

施設計画概要

「プロロジス古河プロジェクト」フェーズ2

所在地茨城県古河市北利根
総敷地面積約175,500m²
1棟あたり延床面積33,000m²(1万坪)程度を想定*
着工予定随時着工可
竣工予定順次竣工

*入居企業の要望により設計

物流施設に関するお問合せ

プロロジスについて

世界有数の不動産会社として

プロロジスは、物流不動産のリーディング・グローバル企業として世界19カ国で事業を展開しています。2020年3月末時点で、計約9,000万㎡の物流施設を所有・運営・開発し、3PL、物流、小売、eコマースなど、約5,500社のカスタマーに最新鋭の物流施設をご利用いただいています。

日本国内ではこれまでに100棟、総延床面積約688万㎡の物流施設を新規開発し(開発中を含む)、現在60棟、総延床面積として約474万㎡の物流施設を運営および開発中です。また、約41万㎡の物流施設の開発用地を所有しています。

今後もお客様へのよりよいサービスと、環境に配慮したサステイナブルな、物流の効率化に貢献するための最新の物流施設を世界各地で展開してまいります。