プロロジス猪名川プロジェクト

プロロジス猪名川プロジェクト

物流業界と地域の持続可能性に挑戦する新しい物流プラットフォームへの挑戦

詳細はこちら

LOGISTICS+TECHNOLOGY

LOGISTICS+TECHNOLOGY

物流の未来を切り開く、プロロジスの新たな挑戦
時代のニーズを先取りした施設開発で、次世代物流の進展に貢献

詳細はこちら

プロロジスについて

世界有数の不動産会社として

プロロジスは、世界19カ国で約7,020万平方メートルの物流施設を所有・運営・開発し、3,718棟の物流施設を、製造業、小売業、輸送会社、3PL会社など、物流業務に携わる約5,500社の企業に賃貸しています。 物流不動産のリーディング・グローバル・プロバイダーとして、各国の主要な物流拠点、港や空港・高速道路の近くなどの立地に、グローバルサプライチェーンの構築に不可欠な、効率的な物流オペレーションを可能とする施設を提供しています。

プロロジスは米国の上場REITであり、2018年8月のDCT社買収完了に伴うポートフォリオを加えた総運営資産額は約900億ドル(約9兆9,000億円*)です。プロロジスは今後もカスタマーと投資家の皆様に対し、世界中の各地域において比類ないカスタマーサービスと、環境に配慮した持続可能な最新の物流施設のご提供を続けてまいります。

* 1米ドル=110円